パソコンを修正している男性
修理

HDDの脆弱性

パソコンで行った作業のデータは、多くの人がパソコン内のハードディスクに記録するものです。しかし、ハードディスクは脆弱なのでトラブルによりデータが消える事もありえます。業者に依頼することで、消えたデータを直せるでしょう。

Read More

通信

効率のよい方法

仕事効率をアップさせる方法として、多くの企業ではファイル共有化を行っています。複数の作業を同じファイル内で行うことができるため、仕事の効率を飛躍的に上げることができるのです。

Read More

女性とパソコン

データの消去方法

パソコンのデータには、人に知られたくない個人情報や務めている企業の利益を左右する情報も含まれているため、パソコン廃棄の際はキレイにデータを消す必要があります。専門の業者に依頼すれば、データを消すことができるでしょう。

Read More

hddの問題

キーボード

もしhdd認識しない事態が起こった時に対策すべきことがあります。正しく対処すればデータを安全に守ることができます。

パソコンのパーツ故障で最も多いのがhddです。hddの故障と言っても、消耗品として取り扱われているので経年劣化という考え方が正しいかもしれません。hdd認識しない事や正常なOS起動がされない事が主な症状ですが、使用していないパーテイション領域故障によって目に見えない症状の場合もあります。 いずれにせよ、hdd認識しない故障時にはhddの交換が行われるものですが、その手段にはメーカー修理依頼か自己交換が一般的となります。 メーカー修理においての相場は、4万円から5万円になります。パーツ費用に加え、交換作業費やリカバリ作業費が含まれている為に高額請求されるものとなります。一方、自己修理においての相場は、パーツ費用だけで済む事が多いため、5千円から1万5千円の相場となります。金額差が大きい理由は、パソコンによる規格やhdd容量によるものとなります。

hddの種類を大別すると「ディスクトップ用」「ノートパソコン用」「外付け用」の3つに大別されます。規格に合わないhddを使用した場合、hdd認識しない症状が現れる事もあります。hddの購入価格は下がる傾向にあり、今後もその傾向をたどる予想がなされます。しかし、著しい下がりを見せているわけではありません。著しい変化で挙げられるのがhdd容量となります。過去にはメガバイトであった容量が今ではテラバイトまで向上しています。よって、1バイトに対する金額の割合が大きく下がっている傾向となっています。 メーカー修理におけるhdd費用及び自己修理におけるhdd費用の差は、同一容量で考慮すればあまり大きな差額は生じません。しかし、自己修理によってhddを購入した場合、hdd認識しない不具合は必ず避けなければならない事であり、購入するにはそれなりの知識が必要となります。

低料金で利用することが可能です。オンラインストレージは法人でも気軽に活用することが可能です。容量を決めてから購入をした方が良いですよ。

パソコン

信頼できる業者

データ復旧を行う業者に依頼する場合、より仕事ぶりに信頼がおける業者を選ぶことが不可欠です。請け負った仕事を自社内で完結させるワンストップ対応を行う業者ならば信頼できるため、問題なくデータ復旧を依頼できるでしょう。

Read More